1. TOP
  2.  > 消防本部からお知らせ
  3.  > ”令和2年度 危険物事故防止対策論文募集”のお知らせ

お知らせ

”令和2年度 危険物事故防止対策論文募集”のお知らせ

 消防庁の統計によると、令和元年中の危険物施設における事故発生件数は598件で、これは、平成元年以降で最も事故が少なかった平成6年と比較すると、危険物施設は減少しているにも関わらず、約2倍に増加しています。

 このようなことから、今後も事故防止対策に取り組んでいく必要があり、安全で快適な社会づくりに向けて、危険物の製造、貯蔵、取扱い、運搬に係る事故防止を図ることを目的として、広く論文を募集します。危険物に係る事故防止や安全対策に関し、皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

 

論文のテーマ

危険物に係る事故防止や安全対策に関するもの。

応募資格

特に制限はありません。どなたでも応募できます。

応募締切

令和3年1月29日(金) 必着!

選考方法

学識経験者、関係行政機関の職員等による審査委員会において、厳正な審査を行います。

消防庁長官賞  賞状及び副賞(20万円) <2編以内>
危険物保安技術協会理事長賞  賞状及び副賞(10万円) <2編以内>
奨励賞  賞状及び副賞 (2万円) <若 干 名>
※ 副賞は危険物保安技術協会からお渡しいたします。

応募方法

①論文は、日本語で書かれたもので未発表のものに限ります。ただし、限られた団体、組織内等で発表された場合は応募可能とします。(一部に限り、既発表の部分を使用する場合は、その旨を本文中に明記してください。)受賞論文は、危険物保安技術協会のホームページに発表されますので、必要に応じて関係者の事前の了解を取ることをお願いします。また、著作権等の問題を生じないようご留意ください。

② A4(字数換算:1ページあたり40字×40行程度)1枚以上10枚以内程度としてください。なお、 図表及び写真は、文中への挿入、本文と別に添付のいずれも可能です。ただし、本文と別に添付する場合に、字数換算をA4(1ページあたり1,600字程度)で行い、全体を10枚相当分以内程度としてください。

③ 論文の概要を添付してください。

④ 論文は、「論文タイトル」、「氏名(ふりがな)」、「連絡先(住所、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)」及び受賞論文発表時に明記する勤務先等がある場合の「勤務先名称及び所属」を記載した用紙を添付のうえ次のあて先(E-mail可)までお送りください。

⑤ 共同で取り組んでいる活動の場合には、連名の応募も可としますが、代表者が分かるように記載ください。

⑥ 論文は、返却いたしません。

あて先及びお問い合わせ先

危険物保安技術協会 事故防止調査研修センター
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
Tel 03-3436-2356 Fax 03-3436-2251
http://www.khk-syoubou.or.jp/

詳しくはこちらのPDFファイルをご確認ください。

令和2年度 危険物事故防止対策論文募集(PDF:727kb)

 

 

このページの先頭に戻る