1. TOP
  2.  > 事務局からのお知らせ
  3.  > 「サラ・さらさ」(肥料)の配布を再開します

お知らせ

「サラ・さらさ」(肥料)の配布を再開します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 東京電力第一福島原子力発電所の事故後、放射性セシウムが検出されたことから配布を中止していた「サラ・さらさ」ですが、事故後最大665ベクレル/kgあった放射性セシウム物質濃度も現在では、30ベクレル/kg前後まで減少し、国が示した肥料原料としての基準値(200ベクレル/kg以下)を大きく下回っていることから、「サラ・さらさ」の配布を再開します。

1 再開時期及び配布日

再開時期は、平成28年9月から再開します。
配布日は毎月、第1、第3火曜日です。(9/6、9/20、10/4、10/18、、、)

2 配布方法

配布方法は従来と同様ですが、以前に比べ配布量が減少しているため、より多くの皆さんに求めていただけるよう、配布方法を以下のとおりとします。

  • 配布受付時間は、午前9時30分から午前10時まで。
  • 受付場所は、清浄園事務所。
  • 1人当たりの上限は、原則10袋までです。ただし、希望者が多い場合には、上限が変更になることがあります(来場された皆さんに行き渡るようにしたいため。)。
  • 1日当たりの配布量は150袋程度を予定しています(生産量によって多少の前後があります。)。
  • 当日の予定数に達し次第、配布を終了します。

3 配布額

1袋当たり 50円。

4 その他

以前に比べ、サラ・さらさの生産量が減少していることから、時期によっては配布を一時、休止する場合があります。なお、休止する場合には、予め清浄園事務所やホームページ等でお知らせします。

5 お問合せ先

上田市常磐城2320 清浄園 TEL:22-2339

 

サラ・さらさについて

1 肥料精製(製造)事業の経緯

  • 平成8年12月25日、特殊肥料生産業の届出を長野県に提出、平成9年1月10日受理される。(名称 : おでい焼却灰)
  • 平成9年1月、特殊肥料(汚泥肥料)として長野県に届出。
  • 平成10年9月1日、肥料の名称を「サラ・さらさ」とし、肥料袋代として50円/袋を徴収する。
  • 平成11年7月、肥料取締法改正。(県への届出制から国への登録制に変更)また、特殊肥料から普通肥料へと移行することとなった。
  • 平成12年5月、植物に対する害に関する栽培試験を実施する。
  • 平成12年8月18日、農林水産大臣に肥料登録申請をし、同年10月25日普通肥料(焼成汚泥肥料)として肥料登録を受ける。(登録番号 : 生第80828号)
  • 平成12年9月30日、特殊肥料生産業を廃止し同年10月24日付けで県に廃止届提出。
  • 平成12年12月14日、肥料販売業開始の届出をし上小地方事務所長より受理される。
  • 平成15年10月24日、肥料登録の更新をする。
  • 平成18年10月24日、肥料登録の更新をする。
  • 平成21年10月24日、肥料登録の更新をする。
  • 平成23年5月、東日本大震災に伴う東京電力第一福島原子力発電所の事故の影響により、放射性セシウムが検出されたことから配布を中止する。
  • 平成24年10月24日、肥料登録の更新をする。
  • 平成27年7月、「サラ・さらさ」配布再開に関して、地域住民の皆さんからのご意見を募集する。(意見結果はこちら)
  • 平成27年10月23日、肥料登録の更新をする。
  • 平成28年9月、配布再開。

 

2 肥料登録証(サラ・さらさ)

肥料登録証(PDF:35KB)

3 サラ・さらさの成分について(生産業者保証票)

生産業者保証票(PDF:73KB)

 4 「サラ・さらさ」の配布再開についての意見募集結果(平成27年7月1日から7月21日)

 「サラ・さらさ」の配布再開についてのご意見(PDF:91KB)

 

 

このページの先頭に戻る